ハッカソンって世界に足を踏み入れてしまいました・・・

やっと冬らしくなってきたと思ったら、また暖かくなるらしい。
一体、今年という季節はどうなっているのやら。

ピンクのバスの黒服です。

f:id:arriving-as-the-dark:20151207064451j:plain



この記事はHackathon Advent Calendar2015の7日目です。

今年はあるミッションにより、ある世界に足を踏み込みました。

そう、ハッカソンです!

 

とあるミッション


ハッカソンってものを巷の噂では聞いてたのですが、いろいろとためらいもあり
なかなか参加出来ずにいましたが、あることをしてしまい、
行かざるを得ない状況になってしまいました。

そう、そのあることとは・・・

目標設定で
ハッカソンに参加して、ピンクのバスの会社にもシステム部があるんだよー!」
ってことを世間に広める、、、でした。

そう、これが僕のやってしまったことであり、僕に課せられたミッションでした。
(課せられたと言っても、自分で課してしまっている)

 

どこでイベント情報探すねん!?


そうとなったらやらざるを得ないが、そこで根本的な問題に気づく!

「ハッカソンってどこでやってんの?」

そりゃそうですよね!いきなりでわかるわけ無いですよね。
そこで、atndとかこくちーずとかを漁りまくりました。

 

初参加してみた


そこで見つけた記念すべき初参加となったのがこれでした。
Mashup Ideathon 大阪〜WebAPIを使ってMashupサービスを妄想しよう!!

イデアソン? はぁ? なんやねん、それ?
意味不明でした。

そして、僕は
「チーム名:フローズンビア
で参加しました。

f:id:arriving-as-the-dark:20151207064435j:plainf:id:arriving-as-the-dark:20151207064438j:plain


知らない人、こわいよぉー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (嘘)
コスプレのおねーちゃんおるよー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (嘘)
圧力団体の人がいるよー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (嘘)
うXことか言ってる人がいるよー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (嘘)
ビール寿司 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (嘘)
そもそも何するか意味わかんねーよぉー
 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (わりとマジ)

結論から行くと、楽しかったです!

何をするかの趣旨の説明があり、
インプットタイムでAPIの紹介があり、
チームビルドがあったり、
チーム名決めたり、
イデア出しあったり、
マッシュアップしたり、
イデアソンって、ものは作らず、アイデアを競い合ったり、、、
ビールがあったり、ビールがあったり、ビールがあったり、、、
参加前からすでに飲酒済み!チーム名から察して!夏やったもん!)

まぁ、何をするかわからず不安だったのもあったけど、
いざやってみると、以外にハマるもんですね!

楽しすぎる!

この経験が僕にまさかの
「アイデアソンとか、ハッカソンとかおもろいやん!」
と、思わせてしまいました。

それから、
「今年、出来る限り参加しよう!」
と、心に決めた36歳の夏、、、 (それはどうでもいい)

 

チョーシにノッて、次も参加することに

 

イデアソンで味を占めたこともあり、
仕事の都合とか、予定とか、家族の顔色とかいろいろ加味して決めたのが、

Hack on Air 2015 - MBSハッカソン -

f:id:arriving-as-the-dark:20151207064441j:plain


最初にこの時の教訓を上げるとすれば、
家族持ちにとって、土曜や日曜大切な時間なので、
たとえ参加費が無料であっても、有料になる可能性があります!
(ここ、注意事項!テストに出るよー!)

黒服とゆかいな仲間達」として参戦することになった、MBSハッカソンですが、
またしても、ここでアイデアソン!

でも、前回、アイデアソンを経験しているので、

そんな僕にはアイデアソンなんてお手のモン、、、のはずが、

人、めっちゃおるやん!!!!

はい、規模をナメておりました!

おかーちゃーん!
人いっぱいだよー!
こわいよー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (わりとマジ)

規模の大きいハッカソンともなると、
参加人数もハンパないですね!

ちちんぷいぷいをテーマに、チームビルドしまして、
結果、7人チームになりました。

もちろん、チーム名は
黒服とゆかいな仲間達

誤解なきよう言っておきますが、
チーム名は僕の強制ではないですよー (クレーム防止の為)

結果は、
イデアソン予選突破
という快挙!

f:id:arriving-as-the-dark:20151207064445j:plain


みんなすげーよ!

(多分、これを機に僕のことは「黒服」で通じるようになったと思っている)
(Kawabataさんではなく、黒服さんと呼ばれる(嬉しいけど切ない))

 

本戦までのみちのり

 

さて、アイデアソンを突破したものの、
いざ、何をつくろうとなると難しい、、、

2週間あったので、早速、チームメンバーを招集し、
どんなものを作るのか?
どのAPIを使って実現するのか
どーゆー役割分担でいくのか?
などなどを決めていきました。

本戦まで時間はいーっぱいあったはずですが、
他のチームメンバーは着々と準備しているのに、
僕が準備を始めたのが前日の夜からという体たらくぶり、、、

(いや、厳密には、やること多くて、ちゃくちゃくとこなしてたよー)
(プログラム系の準備が前日になっただけ (ってことにしといてー))

本戦初日、2時間しか寝てない状態で参加という、
ブラック企業顔負けの参加っぷり! (男らしい(アホ))

 

いざ、決戦会場へ、、、

 

テレビ局スゲー!
スタジオスゲー!
規模スゲー!

f:id:arriving-as-the-dark:20151207070328j:plain



スゲーづくしの本戦ですが、
やることは一つ!そう、
全然やってなかったプログラムをひたすらもくもく作るだけ
という簡単なお仕事。

いやー、眠かった、、、
テンション上がって楽しいけど、眠かった、、、

途中、サバンナの八木がレポートに来てて、
「これあったら、たむらさんのチャー必要なくなりますね」って言われて、
たむけんのチャーを撲滅します!」といったら、怒られた。なんでやねん! (笑)
(ネタなのでおっけー)

で、初日は終電でお家へ帰り、2日目は「朝7時から作業するぞ!」って言った!

その言った本人が、まさかの寝坊!それも俺だけ!!
(この時は、本気で怒られる覚悟決めて出社、もとい会場へ行った)
(はい、チームメンバーは優しい人達ばかりだったので、許してくれました(自己解釈))

そんなこんなで、完成しました我々の作品
ぷいぷいブックマーク


f:id:arriving-as-the-dark:20151207070338j:plainf:id:arriving-as-the-dark:20151207070341j:plain

まー、いろいろあって、結果はまさかの
優秀賞
API(ぐるなびさん、楽天さん)!
を頂戴いたしました!

f:id:arriving-as-the-dark:20151207070345j:plainf:id:arriving-as-the-dark:20151207070347j:plain


いや、ほんま、みんなスゲーよ!

 

この結果がさらに調子づかせた

 

MBSハッカソンで気を良くした僕が次に狙ったターゲットは、

Teamwork Hack Vol.2 - ハッカソンで神戸の課題を解決しよう -

三宮、遠いよ、、、

このハッカソンは、イデアソンとハッカソンを1日でやるという、
ブラック企業も真っ青な企画!

もう、ここまでくると雰囲気にも慣れたと言いますか、
楽しめる余裕も出てきました!

もうね、ハッカソン面白いの

時間制限あるけど、納期ではない
作業はあるけど、タスクではない
つくり上げる重責はあるけど、契約的な責任はない

そう、
目の前に楽しめる環境が揃ってるんですよね!

そろそろ書くのもつかれてきたので、結果は、
最優秀賞
さくらインターネット

f:id:arriving-as-the-dark:20151207071741j:plain

はい、ちょーしに乗りまくっております!

 

最後まで、一言も言ってなかったことがあるんやけど、、、

 

実はね、
ぶっちゃけ、今まで僕が言ってきたことって、
ハッカソンの楽しみの3割くらいなんです。

じゃあ、大半の7割は何かって言うと、、、

人と人との出会い

そう、これなんです!

幾つかのアイデアソンやハッカソンに参加して、
そこで、たくさんの人達と知り合い、
また別のアイデアソンやハッカソンに参加して、
また、そこでもたくさんの人達と出会い、
知っている人たちとはさらに交流を深められる。

僕が本当に心の底から楽しい」って思ったのは、
これなんですよね!

イデアソンとかハッカソンなんて、
言ってみれば「入口」なんですよ!

僕は、このアイデアソンやハッカソンに参加してから、
100枚以上の名刺が一瞬でなくなるくらいに (マジで名刺がもうない!)、
いろんな人と出会いました。

そして、
いろんな人とチームを組んで
いろんな人に助けてもらい、
いろんな人から教えてもらい、
いろんな人と知り合えました!

同じ釜の飯を食った仲間

多分、この言葉がしっくりくるのは、
僕の中で、アイデアソンやハッカソンで出会った仲間は
今後もお付き合いしていく仲間なんだろーなーって!


最後の最後でまじめに語りすぎてしまいましたが、
本当に言いたかったことは、これなんです!

なので、来年も僕はアイデアソンやハッカソンに積極的に参加していきますよー!
皆様、改めてよろしくお願いいたします!!

あと、
飲みにも行きましょうね

(結局、最後はビールかいっ!!)